芒種(ぼうしゅ)

 今月2日(金)厚生労働省が2016年の出生数(生まれた赤ちゃんの数)が1899年以降、初めて100万人に届かず、約97万人だったと発表しました。私が生まれた1951年には約214万人ですから、半分以下になった訳です。因みにピークは1949年の約270万人です。ピーク時の36%になってしまいました。一方死亡数は約130万人で戦後最多でした。約33万人の自然減少です。人口規模が大きい団塊の世代と呼ばれるジュニアも既に40歳代になり主な出産世代でなくなったとしていますので、これから出生数が増えることの予測は現状では困難なようです。
 結婚したい。子供がほしい。そう思っても、食べていけるか、仕事しながら育てていけるかという気持ちは、望みよりも大きくなってしまっています。これからどうなるのでしょう。死亡数はこれからも増えると思われますから、人口の自然減はますます加速していくのではと思うと、これは深刻な問題です。政治家さんたちも、誰がこう言った、ああ言ったなどという話ばかりしていないで、加計をゆったりさせる施策を考えないといけません。あっ、字を間違えました家計でした。ごめんなさい。
 今日は芒種(ぼうしゅ)。麦を収めて稲の田植えを始める季節だそうです。目先のことばかり考えていないで、将来の収穫を期待することが出来る、そんなゆったりした社会が良いですね。みんなで夢を見たいものです。

, 会長ブログ

施工事例/計画案例

新築の木造2階建住宅

K様邸

壁や窓を工夫して明るく開放的な空間を演出

彰見寺 トイレ

彰見寺

老朽化した男女兼用トイレを男女別で白基調に

ピックアップ

会長ブログ

  • 雑感・・・

     8月7日の立秋からちょうど一ヶ月。昨日は二十四節気の白露。「陰気ようやく重なり、露凝って白し」といことから名付けられたそうです。秋が本格的に到来し草花に朝露が付くようになる頃とあります。なかなか季節を感じさせる節気の言 … 続きを読む

お問い合わせ

株式会社辻󠄀工務店

059-226-2261

【年中無休】8:00~17:00
三重県津市大門28番13号