春の嵐

 今日はお彼岸の中日です。18日が彼岸の入りでしたが今日までお墓参りに行けませんでした。ところが今日はまるで春の嵐。かなりの雨と強い風、それに寒さが加わって大変でした。お墓には線香に火を付けるための風除けボックスのようなものがあり、その中のロウソクの炎で付けるのですが、風は強いし、雨は激しいのでなかなか上手く付きません。何とか火の付いた線香を墓前にあげ短いお経を一つ唱えてきました。「ああ、寒かった」と家に戻ってテレビをつけると雪の話題。関東で積雪と。これは寒いはず。日本中、特に関東から西の太平洋岸は大変なことになっていました。「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、明確に今年はそのようです。来週からはどんどん春の陽気になっていくようです。
 実は今年の私は体の中でも春の嵐が吹き荒れました。彼岸前に入院手術。彼岸入りで何とか退院。彼岸の間は休養中。このような状態です。結構大変な手術だったのですが、医学の発達と腕の良い医師のお陰です。本当に感謝です。彼岸が明けた来週からは完全復帰で4月に向かって走り出そうと思っています。何か身も心もフレッシュマンになったような気分ですよ。隣で「フレッシュマンはいいけど、年なんだからね。調子に乗んじゃないよ」って声が聞こえています。ここは静かに聞いておきましょう。家の中まで春の嵐はゴメンですからね。

, 会長ブログ

施工事例/計画案例

新築の木造2階建住宅

K様邸

壁や窓を工夫して明るく開放的な空間を演出

彰見寺 トイレ

彰見寺

老朽化した男女兼用トイレを男女別で白基調に

ピックアップ

会長ブログ

  • 雑感・・・

     8月7日の立秋からちょうど一ヶ月。昨日は二十四節気の白露。「陰気ようやく重なり、露凝って白し」といことから名付けられたそうです。秋が本格的に到来し草花に朝露が付くようになる頃とあります。なかなか季節を感じさせる節気の言 … 続きを読む

お問い合わせ

株式会社辻󠄀工務店

059-226-2261

【年中無休】8:00~17:00
三重県津市大門28番13号