平成から令和へ

 令和になりました。昨日の退位の礼を経て平成の天皇は上皇さまとなられ、皇后は上皇后さまとなられました。皇太子だった浩宮さまが今上天皇に、皇太子妃の雅子さまが皇后になられました。昭和から平成への改元は昭和天皇の崩御だったので、服喪のため悲しみを持った改元でした。今回は約200年ぶりという生前退位なのでお祭りムードいっぱいです。でも前天皇が退位される前に前皇后に感謝の気持ちを伝えられたお言葉は本当に心に響き、涙なしでは聞けませんでした。同じ思いをされた方は多かったのではと感じます。
 今回の退位はご存命中のものでしたので、改元の時期が前もって知らされていたので平成という時代をいろいろ考え、思いに耽る時間をいただきました。私にとっての平成は、藤堂高虎公の銅像作りで始まりました。若い人たちの大きな組織の長もさせていただきました。会社の危機も経験しました。それを乗り越え70周年記念行事もでき沢山の方々にお越しいただきました。子供たちの結婚もありました。病気で自分自身の命の危険も体験しました。出会いも別れもありました。ちょっと欲張りなくらい盛り沢山でした。
 さて、令和はどのような時代になるのでしょう。まず平和であって欲しいと思います。戦争のなかった平成の時間が続いて欲しい。そして多かった自然災害については、無であって欲しいですが、あっても少ない被害でと祈ります。平穏が何よりです。
 今朝ラジオで、令和はどんな時代になるかと聞かれた方が、人間が人としての在り方に目覚める時代と言っていました。AIなど先端技術で人間の仕事が奪われるのではなく、先端技術で出来ることは機械にさせ、今まで人間にストレスを課していた仕事から人は解き放たれ、本来人間が考えるべきことを考えられる時間ができるようになるというのです。いいですね。人間が人間らしく、人が人らしくなる時代。期待できそうですね。
 そうそう今日は朝早く起き、髭を剃り、シャワーを浴びて身の回りを整え、ネクタイを締め、キリッとして会社と家の神棚のお世話をしてお参りしました。新年ですからね。ちょっと気合を入れて令和初日を過ごしています。どうかこのキリッと感が続きますようにともお祈りしながら!

, 会長ブログ

施工事例/計画案例

新築の木造2階建住宅

K様邸

壁や窓を工夫して明るく開放的な空間を演出

彰見寺 トイレ

彰見寺

老朽化した男女兼用トイレを男女別で白基調に

ピックアップ

会長ブログ

  • 本物の顔が見たい!

     来週はもう10月に入ります。相変わらず新型コロナウイルスは感染拡大を続けています。これから気温が下がりインフルエンザの季節が来ると大変だと言います。何でも初期症状がコロナはインフルエンザとよく似ていて診断を誤り、手当て … 続きを読む

お問い合わせ

株式会社辻󠄀工務店

059-226-2261

【年中無休】8:00~17:00
三重県津市大門28番13号