厄介なのは人間

 8月も終わりに近づきました。しかしあっという間に東京五輪が終わり、今はパラリンピックです。雨も長く降りました。今年も豪雨災害が報じられました。改めて被災地の皆さんにはお見舞いを申し上げると共に早い復旧を願います。明後日からは9月です。今月初め立秋は過ぎましたが、秋の気配はありません。ここ数日35度を超える猛暑です。9月第2週くらいから秋の気配を感じるようになると予想していますがどうなのでしょう。
 三重国体「とこわか国体」、「とこわか大会」が中止になりました。ある種目では、国体出場選手に国体のユニフォームが渡され、「よーし!」と気合を入れた数時間後に中止が決まったそうです。出場を予定していた選手たちの思いは複雑でしょう。延期となるなら6年後の開催となるそうです。選手の顔ぶれは変わってしまうでしょう。残酷に思うところもありますが仕方ありません。もう既に新学期が始まっている学校もあるようですが、9月に入ると本格的に始まります。感染者のますます増加が懸念されています。ニュースによると実際の感染者は確認された数の倍はいると言います。私も身近で感染者が出て困った思いをしましたが、もう何時そのようになってもおかしくありません。医療体制やそれを支える人材には限界があります。しかしコロナの感染には限界がないようです。コロナは何度でも感染するのですから。そしてワクチン接種を済ませていてもです。どうすれば良いのでしょうか、頭を抱えてしまいます。
 様々なところに大きな影響を与え続けているこの新型コロナウイルス。現在は今までに存在したウイルスの特性だった弱毒化への変異を待つしかないのでしょうか。それまでは、マスク着用、手洗い、ウガイ、人との接触を控えることでしょう。しかし世の飲食業界への規制は何とかならないものでしょうか。例えば、お酒をいただく時は、この薬を一緒に飲みながらだったら感染しませんとか、人間に無害な抗ウイルスガスを一定時間間隔で店内に噴霧して、一回の噴霧で2時間はウイルスも何も存在しない空間が作り出せるようなものが出来ないのでしょうか。新聞にこんな言葉が掲載されていました。「コロナ禍は私たちの文明のありよう、社会の構造をこそ、問い糾(ただ)している」。哲学者の鷲田清一氏です。やはり一番厄介なのは人間なんですね。

, 会長ブログ

施工事例/計画案例

M様邸

M様邸塗替工事

外観を落ち着いた色合いに

コーキン化学株式会社

コーキン化学株式会社

シンプルで飽きのこないデザイン

只今施工中

ピックアップ

会長ブログ

  • 留学生の面接

     日本には外国から来日して勉強している留学生さんに対する奨学金制度がいくつかあって、その中に私も関係する奨学金があります。この奨学金制度はなかなか難関と言われるものですが、様々な国の留学生たちが大学の教授などの推薦を受け … 続きを読む

お問い合わせ

株式会社辻󠄀工務店

059-226-2261

【年中無休】8:00~17:00
三重県津市大門28番13号