高田本山専修寺 休憩所

  • 休憩室
  • 通路
  • 外観
  • 外観

データ

所在地
津市一身田町2819
完成年月
2009年5月
カテゴリ
寺院
施工方式
新築

特徴・コンセプト

足の不自由な方も利用しやすいバリアフリー設計

高田本山専修寺は、親鸞聖人を宗祖に持つ真宗高田派の本山で、境内の御廟には親鸞聖人のご遺骨をお守りしています。
その境内の一角に、参拝者のための休憩スペース及びトイレを新設しました。
境内の景観に配慮して和風の外観とした他、足の不自由な方も利用しやすいようにバリアフリー設計となっています。

関連サイト: 真宗高田派本山 専修寺

施工事例/計画案例

新築の木造2階建住宅

K様邸

壁や窓を工夫して明るく開放的な空間を演出

彰見寺 トイレ

彰見寺

老朽化した男女兼用トイレを男女別で白基調に

ピックアップ

会長ブログ

  • 本物の顔が見たい!

     来週はもう10月に入ります。相変わらず新型コロナウイルスは感染拡大を続けています。これから気温が下がりインフルエンザの季節が来ると大変だと言います。何でも初期症状がコロナはインフルエンザとよく似ていて診断を誤り、手当て … 続きを読む

お問い合わせ

株式会社辻󠄀工務店

059-226-2261

【年中無休】8:00~17:00
三重県津市大門28番13号