半泥子廣永窯 茶室・山里

  • 茶室
  • 茶室
  • 水屋
  • 外観
  • 外観

データ

所在地
津市分部1770-1
完成年月
2011年4月
カテゴリ
茶室
施工方式
修復・保存・再生

特徴・コンセプト

川喜田半泥子が設計した茶室を、風合いを残しつつ移築・修繕

伊勢国津で一、二を争う豪商の家に生まれ、木綿問屋の当主、百五銀行頭取など企業の要職を歴任した実業家でありながら、多彩な芸術的才能を発揮し「東の魯山人・西の半泥子」と並び称された人物・川喜田半泥子(かわきた はんでいし)。
その半泥子が1939年に自ら設計した茶室『山里』を、老朽化に伴い移築・修繕しました。
手造りの山里茶席の風合いを残すべく、再利用できる資材はそのまま生かしています。

関連サイト: 廣永窯

施工事例/計画案例

新築の木造2階建住宅

K様邸

壁や窓を工夫して明るく開放的な空間を演出

彰見寺 トイレ

彰見寺

老朽化した男女兼用トイレを男女別で白基調に

ピックアップ

会長ブログ

  • 本物の顔が見たい!

     来週はもう10月に入ります。相変わらず新型コロナウイルスは感染拡大を続けています。これから気温が下がりインフルエンザの季節が来ると大変だと言います。何でも初期症状がコロナはインフルエンザとよく似ていて診断を誤り、手当て … 続きを読む

お問い合わせ

株式会社辻󠄀工務店

059-226-2261

【年中無休】8:00~17:00
三重県津市大門28番13号