もうすぐ大寒

今週21日(木)には大寒を迎えます。大寒は二十四節気の最後。厳凍厳寒を感じ寒気甚だしき頃の義で、氷厚く降雪も多量に寒風も甚だしき気節のことだそうです。昨日は阪神淡路大震災から21年。早いものですね。このような寒い時期に被災された方々は本当に辛い思いをされたでしょう。3月には東日本大震災から5年を迎えます。この時も被災地では急に雪が降り出し、空が暗い雲で覆われたことを記憶しています。災害は何時やってくるかわかりません。防ぐことは出来ません。近年では防災より減災を呼び掛けることが増えたように思います。私たちの日常においても少なくとも避難場所はどこか、家族の集合場所はどこかなどは決めておかなければなりません。先ず安否です。非常事態を想定して最低3日間の食料やラジオ、懐中電灯なども必要です。しかしそれが出来ていない家もあるようです。備えあれば憂いなしですね。我が家も心配ですから点検しなければ。備えの出来ない災害(事故)もあります。まだ若い、将来を嘱望される大学生たちがバス事故で亡くなりました。原因はわかりませんが残念なことです。亡くなった方々の冥福を祈ります。お正月からのお休みや成人式などが終わり、さあ平成28年本番という感じです。大寒は最後と書きましたが、次の節気は立春です。気温は例年より暖かい年明けでしたがテロや事故、株価の動向などで気持ちの上では厳寒を感じた方も多かったのではないでしょうか。でも暦の上では春が近づいてきています。心の中も暖かくなる季節が早くやって来て欲しいものですね。

, 会長ブログ

施工事例/計画案例

新築の木造2階建住宅

K様邸

壁や窓を工夫して明るく開放的な空間を演出

彰見寺 トイレ

彰見寺

老朽化した男女兼用トイレを男女別で白基調に

ピックアップ

会長ブログ

  • 雑感・・・

     8月7日の立秋からちょうど一ヶ月。昨日は二十四節気の白露。「陰気ようやく重なり、露凝って白し」といことから名付けられたそうです。秋が本格的に到来し草花に朝露が付くようになる頃とあります。なかなか季節を感じさせる節気の言 … 続きを読む

お問い合わせ

株式会社辻󠄀工務店

059-226-2261

【年中無休】8:00~17:00
三重県津市大門28番13号