津観音鬼押さえ節分

 2014年になってもう2月。今日は節分です。恒例の津観音鬼押さえ節分の豆まきで今年も進行役をさせていただきました。この「鬼押さえ節分」とはあまり聞かない言葉ですが、海から上がったとされる津観音の御本尊が平穏に安置されていると世の中は平和で鬼が暴れることが出来ない。そこで鬼は御本尊を奪おうとします。その鬼たちが奪いに来るのを押さえて御本尊を守ることからそう呼ばれるようになりました。
 ところがこの行事は残酷で、何と塀で囲まれた津観音境内に鬼に見立てた罪人を放ち武士が真剣で切り付けて成敗するというものだったとされています。国中にその凄惨さは広まったそうです。実際に戦前には津観音にその行事のために使ったとされる本物の刀が41振あったそうです。残念ながら戦災で焼失してしまいましたが。勿論、今はそんなことはしません。やさしく豆で鬼退治です。でもその当時のことをイメージしていただくための寸劇が行われます。御本尊を御姫様に見立て、着ぐるみの鬼が御姫様を攫(さら)いに来る。それを武士が大立ち回りの末、鬼を退治するというコミカルなものです。来年はぜひ一度見に来てください。
 今年の進行は中京TVのキャスター・きくち教児さんと掛け合いでさせていただきました。楽しい一日でした。明日は立春。季節も暦の上では新しい春を迎えます。いい年になりますように。そして今日張り切って「鬼は外、福は内」と大声を出してしまいましたので、明日声が出ますように。

, 会長ブログ

施工事例/計画案例

高山神社

高山神社

神社の手水舎などを改修

彰見寺 トイレ

彰見寺

老朽化した男女兼用トイレを男女別で白基調に

ピックアップ

会長ブログ

  • 本物の顔が見たい!

     来週はもう10月に入ります。相変わらず新型コロナウイルスは感染拡大を続けています。これから気温が下がりインフルエンザの季節が来ると大変だと言います。何でも初期症状がコロナはインフルエンザとよく似ていて診断を誤り、手当て … 続きを読む

お問い合わせ

株式会社辻󠄀工務店

059-226-2261

【年中無休】8:00~17:00
三重県津市大門28番13号