豚コレラに思う

 前回(11/24)から2週間。今日は大雪。いよいよ寒さがグーンと増してくる頃です。本当に暦は上手く出来ています。寒くなってきました。そこで鍋で暖まろうと「豚しゃぶ」を。そうしたら先日朝のニュースで聞いたことを思い出しました。豚(とん)コレラの話です。岐阜のある公園で飼われていた、とても人気のある子豚2頭が、豚コレラに感染しているかどうか確認されずに殺処分されていたという記事です。「可哀そうに、感染が確認されないのなら殺さなくてもいいのに」と思った私は、知り合いの害虫駆除や消毒の仕事をしてみえる方に聞いてみました。そうしたらこのような答えが返ってきました。「それは賢明な処置だったかもわかりません。遠いところで感染が確認されたのであればまだしも、近いところで感染が確認され、同時にイノシシの感染も判明したようなところであれば、今検査して感染は認められないかも知れないが危険です。飼われていた子豚に感染した豚が直に接触することは無いにしても、感染した豚やイノシシに接触したネズミなど小動物が可愛い2頭の子豚の檻に入り込む可能性は十分あります。つまり感染の危険を十分持っている」とのことでした。
 調べてみると豚コレラが日本に上陸したのは26年ぶりだそうです。感染経路は海外豚の輸入や旅行者の身体に付着していたものが感染するのだそうです。具体的には中国や東南アジア産の養豚を輸入したり、中国や東南アジアを訪問した人やその人の衣服、靴などに付着していて、それが家畜に伝染するというのが一般的だそうです。詳しくは書きませんが、日本の農林水産省もこのような伝染病が上陸しないよう悪性伝染病発生国からの動物やそれに由来する肉の輸入禁止、人が外国で病原体が付着している可能性がある場合帰国時に動物検疫所立ち寄りの警告文を出しています。例え感染した豚肉を食しても人体には影響はないと言われますが何となく嫌な感じですよね。
 まあ、しっかり火を通すとか、煮込むとかきちんと料理していただけば少しくらい傷んでいても大丈夫なのでしょうから、何でも美味しくいただきましょう。幸い私は今の子と違い、子供の頃にしっかり免疫を授けていただいていますので少々のことでは体調に影響は出ないようですのでね。今回は鍋を諦めて何をいただこうかな。
「あっ、このあいだ買った薩摩揚。賞味期限が来るので、チンして一杯のも~っと」。

, 会長ブログ

施工事例/計画案例

新築の木造2階建住宅

K様邸

壁や窓を工夫して明るく開放的な空間を演出

彰見寺 トイレ

彰見寺

老朽化した男女兼用トイレを男女別で白基調に

ピックアップ

会長ブログ

  • 雑感・・・

     8月7日の立秋からちょうど一ヶ月。昨日は二十四節気の白露。「陰気ようやく重なり、露凝って白し」といことから名付けられたそうです。秋が本格的に到来し草花に朝露が付くようになる頃とあります。なかなか季節を感じさせる節気の言 … 続きを読む

お問い合わせ

株式会社辻󠄀工務店

059-226-2261

【年中無休】8:00~17:00
三重県津市大門28番13号