ハンブルグで乾杯!

 今日は清々しい気持ちの良いお天気です。これは梅雨の晴れ間なので長続きはしないようです。お洗濯は今のうちにしておきましょう。
 ちょっと前回からだいぶん経ってしまいました。実は私が所属する団体の国際大会に出席するために先月末からドイツのハンブルグへ行ってきました。フィンランドのヘルシンキ経由で飛んでいるのは約11時間です。ハンブルグは、リューベック、ブレーメンなどの北ドイツ商業都市が貿易の独占と保護を目的として結んだ都市連合体「ハンザ同盟」の一員。13世紀に誕生し17世紀後半に消滅したと言います。14世紀が最盛期だったようです。
 今回の旅行目的は国際大会への出席もですが、久し振りのヨーロッパで、しかもあまり行くことがないハンブルグだったので、周辺観光も目的の一つでした。ハンブルグから120kmのブレーメン。人口57万人。市内観光で「ブレーメンの音楽隊」のロバ、犬、猫、鶏の像や古い町並みの視察、西暦1405年創業のレストランでの食事等を楽しみました。次の日は約70km離れたリューベック。人口26万人。マリエン教会には素敵なパイプオルガンがあり、バッハもこのオルガンの音に聞き惚れたと言います。ここも古い町並みが残り歴史を感じさせます。最終日はハンブルグ。バウハウスの一つであるチリハウス、町のシンボル聖ミヒャエル教会には宗教改革のルター像もありました。もう一つ、私の大好きなビートルズが無名時代に演奏していたカイザーケラーというライブハウスがあり現在も営業を続けています。また近くにはビートルズ・プラザがあり演奏している彼らを模ったモニュメントがありました。
 駆け足でのハンブルグの旅でしたが、どの町も歴史を重んずると共に、新しい感覚もどんどん取り入れ、常に外に向かってその存在を発信できる機能を持ったまちづくりをしていることに驚かされます。私は、ドイツの人には厳しいというか厳格なイメージを持っていました。その彼らが住む町は、何とも言えない優しい包容力で私たちを迎え包んでくれました。
 素敵なドイツに乾杯!   (奥方の言葉「結局飲むのかい!」)

, 会長ブログ

施工事例/計画案例

新築の木造2階建住宅

K様邸

壁や窓を工夫して明るく開放的な空間を演出

彰見寺 トイレ

彰見寺

老朽化した男女兼用トイレを男女別で白基調に

ピックアップ

会長ブログ

  • 本物の顔が見たい!

     来週はもう10月に入ります。相変わらず新型コロナウイルスは感染拡大を続けています。これから気温が下がりインフルエンザの季節が来ると大変だと言います。何でも初期症状がコロナはインフルエンザとよく似ていて診断を誤り、手当て … 続きを読む

お問い合わせ

株式会社辻󠄀工務店

059-226-2261

【年中無休】8:00~17:00
三重県津市大門28番13号