With コロナ

 梅雨に入りました。入ってばかりなのに梅雨明けが気になります。7月中旬と天気予報で言っていたように思います。約1か月、このジメジメ感を辛抱しないといけないのです。よく考えてみたら4月5月の新型コロナウイルスでの自粛。これは1か月以上でしたし、長いところでは48日間だったと記憶します。それを思えば、自粛時期よりは行動規制は少ないので大したことは無く、あっという間に過ぎてしまいそうです。そういう感覚で行くと、確かに新型コロナは私たちの生活意識を変えたのかも知れません。
 今まで会議というと出席者が1ヶ所に集まって行っていましたが、会議のための移動はしなくてもweb上で出席できます。時間だけ合わせれば良いのです。何度かweb会議を経験しましたが、会議の内容によってはこれで十分な会議も沢山あると感じました。もっと言えば、今までの毎日行われていた会議や打合せは本当に必要だったのかです。今思うと、会議を設定して、移動し、時間を合わせて出席することが仕事だと思っていた人がいたのではないでしょうか。確かに私も会議や打合せの内容ではなく、出席し、そして終わったという感覚には覚えがあります。会議や打合せの中、そこで何を言い、何を言われ、何が決まり、今後どうするかを検討するが話されたのでしょうか。話されたとしたら、出席必要最低人数で行われたのでしょうか。日本人は会議好きと言われていることを良く聞きます。本当にライブで顔を突き合わせて、言葉を交わし合うことが必要な会議や打合せは何かを考えなければなりません。がんじがらめで家から出なかったコロナ自粛の期間を体験した後、梅雨の1ヶ月は直ぐ過ぎます。一年という時間が経つのをあっという間と感じるかも知れません。それなら本当に必要なもの、そうでないものを見極め、大切な時間を大切に過ごすことに心掛けましょう。
 これからは「with コロナ」と言われています。コロナが新しい時間の使い方を教えてくれたと思えば、共存する価値も見出せるのではないでしょうか。ここのところ、早く起きて朝の時間にストレッチ運動をしています。お酒も少し控えながらね。実はコロナで自粛した時期、毎晩家で食事しお酒をいただいたお陰で「コロナ肥り」。GW明けにズボンが苦しくてもう大変。これはいかんと始めたのがスタートでした。私にもコロナは新しい生活をくれました。ちょっと怖いけど上手に付き合わないといけません。今晩はコロナとの付き合いを祝して乾杯しますか。

, 会長ブログ

施工事例/計画案例

高山神社

高山神社

神社の手水舎などを改修

彰見寺 トイレ

彰見寺

老朽化した男女兼用トイレを男女別で白基調に

ピックアップ

会長ブログ

  • 本物の顔が見たい!

     来週はもう10月に入ります。相変わらず新型コロナウイルスは感染拡大を続けています。これから気温が下がりインフルエンザの季節が来ると大変だと言います。何でも初期症状がコロナはインフルエンザとよく似ていて診断を誤り、手当て … 続きを読む

お問い合わせ

株式会社辻󠄀工務店

059-226-2261

【年中無休】8:00~17:00
三重県津市大門28番13号