涙、涙、涙

 北京五輪は、嬉し涙、悔し涙、失意の涙など様々な涙を流して閉幕しました。いったい誰の涙かというと、自分自身の涙でした。テレビで様々な種目を観戦させていただきました。年のせいかも知れません。これ程自分がテレビを見ながら涙を流した五輪は初めてでした。予想どおりの金メダルに喜び、その逞しさ、凛々しさに涙。規定違反で失格となり失意のどん底の選手に涙。またその選手に駆け寄り励ます仲間たちの姿に涙。果敢に新しい技に挑み、失敗こそしたが自分のあるべき姿、思いを貫いた選手への涙。みんな素敵な場面に出会うことができました。感謝です。感激です。
 寂しい、見たくなかった場面もありました。競技審判のレベルが選手のレベルについていかず、ちゃんとした評価ができない場面。しかしこの場面はまだいいです。薬物を投与され、家族までもが問題はないかのようなことを言い、周りの大人が誰も15歳の少女の気持ちを大切にしてくれなかった選手の演技とその後。見たくはありませんでした。悔し涙でした。
 五輪の間、朝新聞を広げると「平和の祭典」と呼ばれる五輪の記事と、緊張が高まるウクライナの記事が並んでいます。テレビではその国の人たちの声が流れます。人にとって良い記事はどちらでしょう。答えは明確です。「平和の祭典」です。しかしその中に少女虐待のようなことが潜んでいるなら、五輪なんかいりません。五輪の在り方を本当に考え直さないといけません。五輪だけではありません。あらゆることについて、もう一度考えてみなければならない時に来ている気がします。

, 会長ブログ

施工事例/計画案例

ホテル津センターパレス

ホテル津センターパレス

津市中心部のホテルを和テイストに改修

つだメンタルクリニック

つだメンタルクリニック

アイボリーを基調に内装を改修

只今施工中

O様邸新築工事

O様邸新築工事

5月11日現在、地盤の改良工事中

ピックアップ

会長ブログ

  • 「ご縁」、「お陰」、「お返し」

     昨日私は、団体の会員を増やすためにはどうすれば良いかを学ぶ研修会に出席しました。その中の特別講演として、若い頃に外国から技術研修員として来日され、現在日本で家庭を持って暮らしてみえる方の話を聴く機会を得ました。研修員と … 続きを読む

お問い合わせ

株式会社辻󠄀工務店

059-226-2261

【年中無休】8:00~17:00
三重県津市大門28番13号