急げ! ストップ地球温暖化

 一昨日あたりから本当に暖かくなってきました。小さい頃「奈良のお水取りが済んだら春が来る」と母に教えられたとおりです。今月の暦には二十四節気の「啓蟄」があり、永い間土の中で眠っていたいろいろな虫が暖かくなって出てくる時期です。何かで読んだのですが、3月3日は、桃の節句ですが、「世界野生生物の日」でもあるのですね。
 調べてみました。この日は、ワシントン条約と呼ばれる「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」が1973年3月3日に採択されたことを記念しているのだそうです。WWFジャパン(World Wide Fund for Nature)によるとワシントン条約は、野生動植物の国際取引を規制し、過剰な取引や密輸を防ぐための条約で、取引目的の密猟などを抑える要にもなっているそうです。この条約の「附属書」と呼ばれるリストにある取引が規制されている野生生物の種数は現在4万種余りになると言います。ワシントン条約が誕生した20世紀後半で野生生物を脅かしていた大きな原因は、密猟や過剰な捕獲、そして外来生物の影響だったと言います。現在もこれらが原因でありますが、この半世紀の間にもう一つ、野生生物を脅かす深刻な原因として、地球温暖化、気候変動の影響が指摘されるようになったと言います。IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストで、現在絶滅の危機にある世界の野生生物のうち、気候変動の影響を受けている種は、実に6,754種。21世紀が始まった頃は、限りなくゼロだったので、気候変動がこの20年余りで本当に深刻化していることを良く表していると言えます。気候変動が地球上の生物に与える影響は途方もなく大きいので、地球上の人間すべてが力を合わせ温暖化防止、自然環境保全に尽力することは、野生生物だけでなく、その生物の一つでもある人間を守ることになります。
 その先頭を走り、旗を振り、本当の意味で自然の中での人間も含めた全ての生物の生き死にを訴え、自ら身をもってそれを示し、私たちを導くことが政治家の仕事だと思います。裏金作りや露出度の多い女性を呼んでパーティ等している場合ではありません。口に挟んでチップをやり取りするなら、そのチップは環境保全に捧げましょう。この辺の感覚はどうなのかを、政治倫理審査会で聞きたいものです。「記憶にない」、「関与していない」などの言葉は、政治家発流行語にしたいのでしょうか。少し早いですが、暮れの「今年の漢字」は「不」、「無」、「忘」、あるいは「裏」になるのでは。結局この話になってしまいます。私はそれ程シツコイ性格ではないのですが、今回の政治家の有様にはシッカリ腹立たしいのです。考える度に血圧が上がります。今度の検診で「血圧が高い」と言われたら、急性政治家此畜生(症)~きゅうせいせいじかこんちくしょう~だと言うことにします。

「アンタ、また怒ってんのかいな。忘れることも大事やで。今日も飲みまひょ。」
「なんや、聴いてたんかいな。ふん、何飲むのや。」
「アンタが買うた、あのワイン。あれ美味しいわ。」
「えっ、あれもう最後の1本や。お前こそ忘れることも大事やで。」

, 会長ブログ

施工事例/計画案例

ネッツトヨタ三重テクニカルトレーニングセンター

ネッツトヨタ三重テクニカルトレーニングセンター

新築の自動車ディーラー研修施設

プリンセスガーデンホテル栄

プリンセスガーデンホテル栄

名古屋都心部のホテルを改修

只今施工中

ピックアップ

会長ブログ

  • 「清明」に思う

     4月になりました。また街に新社会人が期待と不安を胸に動き出す桜の季節です。ところが今年は桜満開のところはまだ少ないように感じます。暖かかったり寒かったり、日が差してみたり雨続きだったりで、桜も花開くタイミングが掴めない … 続きを読む

お問い合わせ

株式会社辻󠄀工務店

059-226-2261

【年中無休】8:00~17:00
三重県津市大門28番13号